« 裏道と女神とひとりで輝くことについて | トップページ

2021.09.10

隣国への旅の序章

 

BTSを知り、彼らに惹かれてゆくうちに、あたりまえのことなのだが、じぶん自身と隣国との距離を意識するようになっていた。

私が彼らを知ったのは、ある日偶然つけたテレビ番組によってである。いつもならつけてもすぐに消してしまうはずのテレビを、私がそのとき消さなかったのはなぜだろうか。彼らの生き生きとした表情、しぐさ、雰囲気。たしかにイケメンではあるのだが、ただのイケメンとも、情熱的とも、破壊的ともちがう、なにやらわけのわからぬ魅力。そういうものに惹かれたのだ。テレビを消すわけにはいかなかった。

そんな、古い門に絡まったツタのように入り組んだ魅力のなかで、私をあきらかに虜にしたのが、ことばだ(歌やダンスは言わずもがなである)。彼らの話すことばの発音の美しさと、なにかを絶えず気づかせてくれるようなしゃべり方、その独特さに引き寄せられるようにして、私は隣国についての勉強をはじめることに決めた(韓国のことわざに、「はじまりが半分だ」というのがある)。

いまや、隣国についての資料は私たちのまわりにいくつも散らばっている。まるで宝箱がすぐ手元にあるみたいだ。BTSの曲やメイキング、インタビューその他動画はもちろんのこと、韓国と深くつながっていた詩人茨木のり子が書いたもの、尹東柱をはじめとした隣国の詩たち、Netflixで配信されているテレビドラマや映画など、私もいくつかのものに触れる機会があった。

 

テレビドラマの中で私が特に好きなのは、2020年に放送された『サイコだけど大丈夫』。ここに、このドラマについてのメモを少しだけ記しておきたい。

まず、このドラマのわかりやすい、ありふれたストーリーの中にちりばめられているものに私は目をみはる。それは、目にし、胸の中にしまうと、たちまちきらきら光って飛び跳ねるものたちだ。それらの断片が全体に及ぼす影響力のようなもの。その連続性によって開かれる道。画面の中にはこれらすべてがある。すべてのことは画面の中で起こり、繰り返される。その予兆を秘めている。

つまり、このドラマそのものが、あのさびれた、でもどこまでも歩きたくなるような道の装いなのだ。おとぎ話のようでいて、そこには人間の生活がある。夕暮れ、街、海、夜、明かり、衣服。そこでは、あらわれるはずのない人が目のまえにあらわれ、私たちは見るはずのなかったであろう物事を目にすることになる。なにが起こっていることで、なにが起こっていないことなのか、私たちはそれをじぶん自身で見きわめるしかなくなるのだ。

もうひとつ、配信だからなのか?、隠されていた場面、本編では流れなかったシーンが、エンドロールで流れることがある。本編で流れる、言わばメインのシーンの隙間に、そんなしぐさが、そんな言葉が隠されていたことに、私はいつも驚く。

このドラマの中には、じぶんが他の誰かかもしれないという想像力が存在している。偶然出会った人間同士が、じぶんを相手に重ねるのを、そしてしばし入れ替わりのようなことが起こるのを、私たちは離れた場所から発見する。

目に見える、ということは、「違い」を意識することに直接つながっている。たくさんのことが目に見える現代という時代の中で、私たちはその「違い」を、目には見えないところで、どう捉えてゆけばよいのだろう。驕ることも、卑屈になることもなくそれをおもしろがることが、私にはできるだろうか。やってゆきたい。

 

それで、まずは自国と隣国の歴史の勉強からはじめるのである(「はじまりが半分だ」!)。古い歴史の中で、侵略されることはあっても、一度も隣国を侵略したことのない国。どんなことがあっても、じぶんたちの言語を守り抜いてきた国。私はまだ、隣国についてなにも知らない。でも、知りたいのだ。だからこれを、私の隣国への旅の序章とする。

対馬の展望台に行くと、そこから隣国の街を仰ぎ見ることができるという。いつか晴れた日に行ってみたい。とおくから眺める釜山の街は、どんなふうにみえるだろうか。

 

この序章のつづきについては、また書こうと思う(『サイコだけど大丈夫』の話ばかりになってしまった!)。

 

 

A0cc424983d1495e8658737fc45c0df7

キーボードでは打てない何か

1c3d92ba9cb4440ab818c5cb6baf8d2f

可愛いもの

D55807fe6ebc4d9fb98dd9cfa01d248e

道端に咲いたニラ。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 裏道と女神とひとりで輝くことについて | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 裏道と女神とひとりで輝くことについて | トップページ