« 脱出Ⅱ | トップページ | 隣国への旅の序章 »

2021.08.19

裏道と女神とひとりで輝くことについて

 

私に裏道を教えてくれた女神がいる。私の女神。ある日とつぜんあらわれて、ある日とつぜんどこかへ行ってしまった。

私はそれまで、大きな道を歩くことしか知らなかったので、すり抜けるように裏道を歩く女神の小さな背中について行くのに精一杯だった。

女神はどこか不規則なリズムで、早足に歩いた。

 

私には、裏道を歩くこと自体が衝撃だった。じぶんがどこを歩いているのか、どこに向かっているのか、わからない。とにかく、女神の背中を追いかけるしかない。

裏道は地図になく、どこまでもくねくねと続き、終わりを知らない。でも、たしかに、どこかにつながっているような気がする。歩いているうちに、少しずつ、そんな思いが私を捉えるようになった。

そこでは、歩くことだけが大事なことだったのだ。

 

一歩あるくたびに、流れるように景色が切り替わった。顔を上げるたび、そこは一面の砂漠になったり、高層ビルだらけの街角になったりした。それが面白くて、私は夢中で歩いた。

 

裏道を抜けたところに、何かある。そこには何かが開かれている。歩いているとわかるのだ。外から見れば、そこは小さな、閉じた世界に過ぎないとしても。

何にむかって開かれているのか、どこにむかって開かれているのかさえ、わからない。でも、とにかく、開かれている。何かがある。そこは、そういう感じのする道だった。

 

大きな道から派生した、無数の小さな道。それらは同時に、大きな道を存在させてもいる。

女神が歩けば、そこに道ができてゆく。女神に似合わない、そのくねくねとした歩き方を思い出すたびに、私の道は陽の光にさらされる。わけのわからない光が差しこんでくる。

それはふしぎな光で、いつも私に、歩くことのたのしさを、弾くように教えてくれる。弾かれるようにして私は立ちあがる。ひとりで輝くために。歩くために。立ち止まるために。

 

 

3a86b0709b234dd39864c4bfa1102131

どう考えても好きなカーブ

Ca8f04c6337b408494a844dd7d297408

数年前の足の日焼け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 脱出Ⅱ | トップページ | 隣国への旅の序章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脱出Ⅱ | トップページ | 隣国への旅の序章 »