« 宇宙人の友だち | トップページ | 中庭 »

2021.07.18

東南アジアに行きたい

 

東南アジアに行きたい。ある日とつぜんそんな思いが私を捉えるようになって、困惑した。それまで、そんなに遠くに行きたいと思ったことはなかったし、どちらかというと、部屋の中でひとりでじっとしている方が私には合っていた。

それなのに、結局、私は何度もタイやカンボジアに足をはこんだ。

じぶんが思ったことは、そのまま道だ。地図にはない道だ。あの日の私は、夢を見るような素直さで、ためらわずにその道を歩いた。私が道そのものだった。道は、なにをするかということでは、できてゆかないのだった。

タイやカンボジアに着くと、たいてい、足を引きずりながら、ほとんど這うようにして古い寺や遺跡を見てまわった。濃い緑に薄黄色の光が差す境内を、野良犬ににらまれながら歩き、仏像のそばに向かった。

あのとき、まったく知らない土地でひとり、なじみのない巨大な仏像のそばにいたというそのことが、いまも、しるしのないオアシスのように私をなぐさめることがある。そして私はいま、それらの場所から遠く離れている。でも、どうしても、あのときのいくつもの旅が日常から離れたものであるとは思えないのだ。

人生に、もしも縮図のようなものがあるとしたら、あの、じぶんの意思とは関係なしに何度も旅に出ては、浮浪者のように歩いた日々ではないか、と思うことがある。もちろん、こんな考えは私の夢の一部に過ぎないのかもしれない。でも、いま、私をどこに向かわせるでもなく駆り立てるものがあるとしたら、あの熱気にまみれた緑の遺跡と、黄金に光る巨大な仏像のそばにいたというそのことなのだ。

暑い日に、遠くの国で、想像もつかないほど大きなものをまえに立ちつくすじぶんが、いまもどこかにいるような気がする。

 

81746a10f2a948d9bcde2f8f35975736

こんなに大きな船はどこから来たのだろう

91f1e60d3d45453198dbcf6a2945480a

大きな橋を渡りながら

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 宇宙人の友だち | トップページ | 中庭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宇宙人の友だち | トップページ | 中庭 »