« 2020年8月 | トップページ

2020年9月

2020年9月19日 (土)

フカフカに

週末(下書きは火曜でした)に耕運機を買い、カチコチだった畑をようやくたがやした。土はそれはもう、ちょっとびっくりしてしまうほど、うつくしい茶色になった。耕運機のタイヤはグルグルとものすごいいきおいでまわって、土をかきまぜた。あたしはちょっと目がまわってしまった。

 

フカフカに土をたがやしたからといって、かならずしも芽がでるわけではない。立派な野菜がそだつわけではない。立派な野菜が育ったとしても、瞬く間にそれは枯れてしまう。だったらどうしてこんなに土をフカフカにしないといけないのか?フカフカにしたいとおもうのか?

 

まだ見ぬものを現実にするためには、信じることが必要だ。たとえば、にんじんのタネをまくのならば、やっぱりフカフカの土にまきたいな、とおもう。それは、信じるということとつよくむすびついているような気がする。

 

あたしが、できれば甘くておいしいにんじんがたべたいな、とおもう。それは、いまの時点では、理想でしかない。だけど、その理想がなければ、現実はもっと平坦なものになってしまう。まず、土をフカフカにすることなんて思いもしないだろう。にんじんのことをつよく思えばおもうほど、土はやわらかく、うつくしくなっていく。そして、その土をたがやすという行為それじたいが、理想のにんじんができたときとおなじぐらい、もしくはそれ以上、もしくは比較のできないよろこびになる。よろこびは、じぶんの心が知っているものだ。

 

だから、もし畑がなくなっても、あたしは別のものをたがやすだろう。一度知ったほんとうのよろこびというものは、そう簡単に消えるものではないのだとおもう。それを自由とするのか、不自由とするのかも、完全にじぶんの自由なのである。だから、信じることは、こわい。その「こわい」力をどう信じるか、どうつかうのか、あたしたちは判断していかなければならない。

 

理想(妄想??)と現実の絶え間ない波のすきまにあるものを、たがやす。その先にあらわれる世界を信じたい。

 

0e85dc53de6a48d0b67ea4ec0aa014e7

海岸のネコサン のんびりマイペース

602bdfc28aeb433ea7de2b7db7a01206

まばたきする間に日がしずむなあ

5eefa35c7d45489c8921d6fa79610bd0

豆みたいなのがなるやつ

8e4bfc0d38c6400ca549e71ecfecbc40

かがやくような

これはセンニンソウ?

 

ブログには、日々のなかでじぶんで知ったこと、気がついたことしか書いていない(かけない)ので、ボッチリマイペースな感じになってしまっていますが(とはいえじぶんをふるいたたせてもうちっと書きたい)これからもどうぞきながくおつきあいくださいませ。かいちょ

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

たったひとつの羅針盤

夜、これを書いていたらいつの間にか朝になっていた。昨日の恐怖と暴風雨はどこ?

 

きのう、バイトを辞めた帰り道、県立美術館に寄った。ならんだ野見山曉治の絵を、だれもいないギャラリーでみた。とおり過ぎるのではなく、立ちどまってみているとみえてくるものがある(あたしは、立ちどまりすぎ!)。いま、目のまえにあるものと向きあう。目のまえの一枚の絵と向かいあう。わたしにはそれしかできない。

 

ひとりのもの、ひとつのもの、その奥にあるほんとうのかたち、みえないところにいるそのひと。絵をみてわたしはなにかのはじまりを、いまいる場所からまたみいだそうと目をひらきなおした。そうしたら、すすけてくらい場所に満ちてくる光があんなにもうつくしいことをじぶんの感覚で知った。

 

そう!じぶんの感覚で知ったということをじぶんでわかったのだ。みつけようともおもわずにみつけたじぶんの声。その声で話すことの大切さ。いつでも、行為や言葉は、じぶん自身から発されなければならないのだと、おもいだしたみたいに気づく。そのために、あらゆるものをみようとしなければならないのだろう。ものごとがもつありふれた側面ではなく、それそのものをみつめる愛をもって。

 

それがいつか、じぶんの居場所を、そしてだれかの居場所をつくるのだと信じている。

 

台風明けでやたら風がつよいきょうも、そのほんの一瞬いきよく跳ねる心があればあるいていける。そのいきいきとした感覚は、借りものではない、たったひとつのほんとうの羅針盤だ。

 

0a646fb7a0024fabbccd8c2678109a10

ひさしぶりにくまだいを散歩した

C3c0bf1a92634038b367952dcdb8fd37

ベンチから草がはえてるってほんと?

A98f22c32ea34d709e28b55f6f72a664

草花はひとあしはやく衣替え(一句)

42b4a2c5f6554576b07e0813dc134a22

ぶふげんよこのイチョウ並木。

金色にそまるころにまた来たい。かいちょ

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ